マルミのどこでもドア。

どこでもドアでどこでも行っちゃおう♪

大分のカボスで手作りジャムの巻

こんにちは。

ハロウィンも何事もなく終わり、今日から11月になりました。


ハロウィンって日本じゃ仮装パーティーみたいになっていますが、もともとは秋の収穫を祝うイベントだったんですよ。


そんな実りの秋にふさわしく、マルミのところにも、お米やサツマイモ、ブドウや柿などいろんな農作物の贈り物が届きました♪

f:id:ma-ru-mi:20171101101723p:plain

今日は、その中で使い道に困ったカボスでジャムを作ってみました!


大分の巨大カボス




柑橘類のひとつであるカボスは大分県がダントツ1位の生産量!!!

見た目はすだちと間違えそうですが、スダチは30g~40g、カボスは100g~150gと大きさで判別できますね!

ただこのカボス。

なにに使うかわからない・・・。(もとは緑でした。置いといたら黄色くなってきた笑)


サンマなどの焼き魚にかけたり、お鍋のときにポン酢と一緒につかったりするらしいのですが、余ってしまう。

そこで、マルミお手製ジャムを作ってみましたよ★


カボスジャムレシピ




材料 カボス3つ
リンゴ半分
生姜適当



  1. カボスを分解

皮・種と薄皮・果肉と汁に分けます!

カボスって種が結構たくさんあります。

ちょっと果肉にちょっと混ざっているけど気にせずいこう・・・。笑


  1. 種と薄皮を煮込んでペクチン抽出

種と薄皮にお水をひたひたになるくらい入れて20~30分弱火でぐつぐつ。

水溶性食物繊維であるペクチンが出てくるので、こして取り出しておきましょう!


  1. カボスピール

カボスの皮を切ります!

マーマレードジャムのように!

お好みの厚さでいいと思います。

切ったら、2・3回水を変えながら鍋でぐつぐつ。
皮の渋さが取れていきます。



  1. 全部まとめて弱火にかける

3で作った皮、2で作ったペクチン汁、に砂糖とリンゴ(適当にザクザク切った)と生姜(適当にすりおろした)を入れて弱火でコトコト。30分くらい煮ていたかな~


リンゴも生姜もマルミの好みで入れただけなので、なくてももちろん大丈夫です!


最後、つやとまろやかさと風味づけと思ってはちみつを加えたりして手作りジャムの完成です!




自分で作るとおいしいよ^^

パンはもちろん、ヨーグルトや紅茶にいれてもいいですね!

Thank you.