マルミのどこでもドア。

どこでもドアでどこでも行っちゃおう♪

酒に飲まれる男はやめておけ。結婚に向かない男

こんにちは。

マルミです。

マルミもうすぐ30歳!!!

昔は本当に30を恐怖に思っていましたが、今はまったく・・・。

結婚願望が弱まってからは何も思わなくなりました。

むしろどう生きていくか。

仕事についてよく考えます。

でも、20代婚活市場に舞い出ていたマルミの周りは最終目標を結婚においている友達が多くいて、今日はその一人の子からの相談です。

お酒大好き彼氏

マルミの友達Sちゃんは同じく29歳の大手企業のOLさん。

マルミとは発想が違くて、現実をきちんとみている女の子。

マルミが夢見る夢子発言をしようものなら、何言ってんの?!と一括してくれるような友達です。

そんなSちゃんの婚活条件は、なかなかシビアで学歴・勤め先などある一定水準は必ずクリアしていなければならない。(Sちゃんお母さんは、Sちゃんに輪をかけて相手を見る目が厳しい)

なかなか理想の相手が現れず、婚活にも疲れていたころ、ふとマルミの知り合いに条件をクリアしていそうなスペックのいい男性がいたので紹介したところすんなりうまくいって付き合うことになった。

とても馬のあう二人で、マルミもそんな2人をみて喜んでいた。

が、ときどきSちゃんから聞く不満。

その男性の酒癖が悪いとのこと。

記憶をなくすことはしょっちゅうで、何度か注意したけどいまだに直らない。

f:id:ma-ru-mi:20181004125121p:plain

ついこの前は、一緒に飲んでいたら突然怒り出して、Sちゃんを置いて帰ってしまったそう・・・

次の日になると、彼はなにも覚えておらず、「ごめんなさい・・・・」とひたすら謝ってくるそう。

マルミが紹介しておいてなんだが、酒癖が悪い男はやめておいたほうがいい気がする。

なにをしたって、「覚えていない」で話がおわってしまうし、これは中毒だから治るものではないとマルミは思っている。

Sちゃんには別れることも考えたほうがいいんじゃない?というが、そのつもりはないらしい。

やはい30歳という年齢の呪縛だろうか。

マルミの父もお酒が好きで、よく記憶をなくしていたからマルミは酒に飲まれる男は絶対NG。

マルミの父、酔っぱらってした逸話は数知れず。。。

朝起きていないいないと探したら、犬と一緒外で寝ていたとか、

ボッコボコに顔がはれて帰ってきたりしたこともあって、おやじ狩りにでもあったんだろうな~と思ってみてました。

そんな人が旦那になったときたら心配ですよね~

何があるかわからないし、誰かに被害があったらそりゃ大変です!

気を付けるから・もうやめるからという言葉は、信用できませんよ

お酒に飲まれる男はやめましょう!!!

今度お酒で失敗したとの報告をうけたら全力で別れるように説得しようと思うマルミでした。(結婚しようとしてない女の話には、聞く耳を持ってくれない気もしますけどねwww)