マルミのどこでもドア。

どこでもドアでどこでも行っちゃおう♪

広島もみじ饅頭☆生と生じゃない紅葉饅頭のちがいとは

こんにちは!

元気にやっておりますが、なにせ忙しくてなかなか更新できませんでした・・・。

今日は久しぶりの更新です♪

平成のお菓子の大ブームのひとつとして、流行ったのが「生」ブーム。

生キャラメルから始まり、「生」とネーミングされるスイーツがたくさん開発されましたね。

そのひとつに生もみじ饅頭を発見したのでご紹介。

広島のもみじ饅頭の老舗といえば、にしき堂さん。

粒あん、こしあんなどの通常商品から季節限定のもみじ饅頭も発売したりしています。

お土産の定番ですね

f:id:ma-ru-mi:20190227121006j:plain

今回は生もみじまんじゅうと、普通のもみじまんじゅうがどちらも入っているセットをいただいたので食べ比べてみました~☆

にしき堂 もみじ饅頭

なぜ「生」まんじゅうなの!?

まず普通のもみじ饅頭を試食です。

f:id:ma-ru-mi:20190227121116j:plain

うん

ふつう

紅葉の型に焼かれた生地に餡子がうっすらみえていますね。

では、ぱかっとな・・・

f:id:ma-ru-mi:20190227121206j:plain

割った感じも特に変わったことはなく、味もおいしい紅葉まんじゅうです!!

もっちーり、生生しいから「生」がつく!

では、生もみじ饅頭を試食

f:id:ma-ru-mi:20190227121326j:plain

かわいい鹿が!

そして何より持ち上げた瞬間の水分量の多いこと!

ぐにゃっとした感じが伝わってきます。

f:id:ma-ru-mi:20190227121431j:plain

割ってみます。

伝わるかな~

この生地に粘着性があり、もーっちりしているのです。

これは生地に、餅粉と米粉を使用しているから出せる触感とのこと。

お餅好きの日本人にはなじみ深い触感ですね!

普通のもみじ饅頭ももちろんおいしい!

けど、やはりもっちりしたこの生もみじ饅頭の触感はとりこになってしまいます~

どちらか一つと言われたら、「生」を選んでしまうだろうマルミです♪