マルミのどこでもドア。

どこでもドアでどこでも行っちゃおう♪

恥を捨てろ!大したことない子宮頸がん検診

区の検診で子宮頸がん検診を受けてきました。

慣れない、あの恥ずかしさ。

でも受けるべきと思うから、どんな感じか書いておく。

子宮頸がん検診

羞恥心で4時間待ち

f:id:ma-ru-mi:20201027125749p:plain

私が子宮頸がん検診をはじめて受けたのは大学生の頃だった。

一人で病院にいった。

問診票に、最後の生理や最後の性交した日、経験人数まで記入する欄があったのを覚えている。

なんとなく椅子にのって、カパッと足が開いて検査するみたいな想像はしていた。

けど、どうしても嫌で嫌でやる決心ができなかった。

なんと3,4時間待合室で考え込んだのだ。笑

それでも受けてみた。

受診した感想は、「こんなものか」

ひんやりした器具が入り、綿棒で中をこする感じかな。

そんなに痛いわけでもなく、検査はすぐ終わる。

羞恥心は不要

人に見せることがない部分。

しかもライトをピカッとあてられて。

今も、好きで行こうとは思わないけど、生理痛や生理がこないときなどは通っている。

病院の先生はプロだ。

自分のあそこがどうかなんて何も気にしていない。

気にしているのは問題がないかどうかだけ。

歯医者と婦人科

この2つは、かかりつけ医がある。

それくらい私にとっては大事なところだ。

以前、知り合いの30代女性で、10年以上生理がきてないけど病院にも行っていないという人がいた。

理由は、「恥ずかしい」という。

理解はできる。

でもこの恥ずかしいなんて、一時のもの。

これで大病にかかっていたら悔やみきれない。

病院に行くのに羞恥心は要らない。