マルミのどこでもドア。

どこでもドアでどこでも行っちゃおう♪

今が最悪なら浮上するだけと言い聞かせる

会社へ行けなくなって、

休み始めた。

泣いてばかりいても何も変わらない。

そんなことわかっていても、泣くしかできなかった。

夫に感謝

およそ1か月

ほぼ何もせず、引き籠り生活をしていた。

夫はただただ見守ってくれた。

「仕事が好きな君に辞めたらいいというのは違うと思うけど、君が辛いのは苦しんでるのは僕も辛い」と

何度も僕らは運命共同体だからねって言ってくれた。

まだリハビリ中。

復活できないし、

落ちる日もたくさんあるけど、

この人と結婚できて本当に幸せだと思っている。

数年度、何十年後、彼が辛いときは側で支えられるようになりたい。