マルミのどこでもドア。

どこでもドアでどこでも行っちゃおう♪

彼氏彼女育成ゲーム

こんにちは。

今日は寝坊しジムに行けず自暴自棄、、、

食べてはゴロゴロの生活をしている。

一人暮らしじゃないとこんなだらけた生活できないんだろうな。笑

恋愛で人は変わるか

たまごっち彼氏

人はさまざまなことを学び成長していく

恋愛に関しても、人との付き合い方を学んでいくものと思っている

ただ、勉強はするだけ成績があがるなど顕著に結果があらわれるが、恋愛はそうではない。

同じような過ちをするし、もうこんなタイプの人とは付き合わない!と心に決めても好きなタイプは変わらず、同じような人と同じような失敗を繰り返したりする。

ただひとつ、言えることは、

同じような

ということ。

”全く同じ” ということはない。

私の場合、相手が自分のこと好き好き言ってくれる人じゃないと長く続かないと思っていた。

「彼氏が笑うと嬉しい」

今の私の彼氏は、表情に乏しい。

ポーカーフェイスで喜怒哀楽があまり表情にでてこないし、おしゃべりでもない。

会えないとき連絡なんてないし、会っているときも好かれているのかわからなくなるときもある。

付き合ってって告白されたの私だよね!?と自問自答する。笑

でも私は彼が好きなのだから仕方ない。

彼が笑うと嬉しいのだ。

こんなことで笑うんだ~ とか。

今日は連絡くれた とか。

返事してなくてごめんね。なんて言われた日には、ごめんと思っていたのね!!!と感動してしまうくらいだ。笑

毎日のおはようやおやすみLINEは求めないけど、私が用事があるときは早く返事してねって約束して、

それができたら褒める。

たまごっち育成感覚だ。

f:id:ma-ru-mi:20201010155822p:plain

いい彼女に育成されてる

私が彼氏を育てている。

そう思っていたが、ふと思った。

彼が自分にとって理想の彼女に私を育てているのではないかと。

私だってはじめから、こんな物分かりよかったわけではない。

毎日連絡してよ!的なことを言ったこともあったような気がするし。

でも、どうして連絡くれないの?と問う私に、

「?連絡してるよ?」と真顔でいう彼。

彼の中では、”?”でくるLINE以外は完結しているようなのだ。

なるほどな、と納得した私。

そこから連絡頻度が問題になることはなくなった。

付き合う前、私はまめじゃないし、あなたもまめじゃないんだから付き合ってもうまくいくわけがないから付き合えないといった私に、付き合ってみないとわからないじゃんと言った彼。

さっき、文中で、好かれているかわからなくなるときもあると言ったが、私の彼は、私の髪色はもちろん、私が数センチ毛先を整えただけで誰も気づかなかった髪の変化に気づいたりと、小さなところで愛情を感じている。

彼にとっていい彼女でありたいと思える自分になれたこと。

今までの自分にはなかった大きな変化だ。

お互い育成されていい人間になれたらいいね。