マルミのどこでもドア。

どこでもドアでどこでも行っちゃおう♪

婚約指輪は私の夢!

パカ!

・・・からの、

「結婚してください」

これをみるまでが長かった。

婚約指輪の価値とは

指輪に給与3か月分

婚約指輪は給与3か月分

そう言われていたのはだいぶ前のようで、

今は30万くらいが平均とゼクシィに書いてあった。

だけどそんなの知ったこっちゃない。

ずっと夢見ていた婚約指輪はハリーウィンストンかグラフだった。

100万以上はするでしょう。

高いなと思うし、当たり前にもらえるとは思っていなかったけど、

小さい頃からの夢だったのと言うと、彼は好きなの選んでと言ってくれた。

その気持ちが嬉しくて、そのときは幸せだった。

指輪の価値がわからない

高すぎる!!!

ルンルンで指輪選びがはじまった。

はじめて入るジュエリー店に大興奮。

キラキラ光るダイヤモンドは他のブランドとは全然違う輝きだった。

f:id:ma-ru-mi:20220328171146j:plain
ティファニーエンゲージ

f:id:ma-ru-mi:20220328171210j:plain
ヴァンクリーフ&アーペルのエンゲージ

休日、いくつか目星をつけて指輪を一緒に買いに行った。

マルミ「これどう?かわいいよね?」

彼「・・・え。あ。うん」

終始不機嫌な彼。

指輪選びつまらないんだろうなと指輪選びを切り上げた。

彼のお母さんも、婚約指輪に100万なんて高すぎる。

国内ブランドのやつにしたらもっと安くていいやつある

など、言われるようになった。

楽しかった指輪選びは一転。

指輪の話をするのも嫌になった。

彼は、私が欲しいというから買うと言ったが、

他に使った方がいいのではないか、、、

指輪の価値がわからないというのが本音だったようだ。

指輪は諦めよう

そんな気持ちでもらう婚約指輪なんてほしくなかった。

私の頭の中はお花畑で、基本的にメルヘンだから、

婚約指輪のダイヤモンドの大きさこそ愛の大きさ!

指輪の値段が自分の価値!

とかそういう風に考えてたから、

彼が本音は指輪を送りたくない(→買うって言ってるじゃん!と何度も喧嘩しました)

と思うと悲しかった。

やり直しプロポーズ

指輪はいらないと言っていた。

でも、

入籍前夜、グラフの指輪をくれた。

パカッとね

こんなに高いものもらうなら自分で選びたかったーーー

はじめからこうしてくれてたらこんなに悩まなかったのにーーーー

思いはたくさんあったけど、

涙が出るくらい嬉しくて

キラキラ光る指輪を見るたび、幸せです

友達の中には、指輪買うくらいなら旅行にいきたいとか、

他の費用にしたいとか

いろんな意見はあるけど、

私にとっての指輪は、小さい頃からの私の願いだったから。

叶えてくれた彼には感謝です。